石川県交通安全協会は、交通事故のない安全で住みよい交通社会の実現を目指しております。

交通安全

石川県内の交通事故発生状況

平成29年中の状況

(11月16日現在)
  年累計 参考
発生件数 死者数 負傷者数 隣県死者数
本年 2707 30 3160 富山29

福井39
増減 -314 -12 -384

平成29年中の状況(上半期)

 1月〜6月(上半期)の交通事故による死者数は19人で、前年同期より7人減少しました。また、発生件数は前年同期比96件減の1,580件、負傷者数は前年同期比124人減の1,837人でいずれも減少しました。死亡事故の主な特徴は次のとおりです。

   死亡事故の主な特徴
   ●高齢被害者(65歳以上)が多い。12人(全死者の63.2%)
   ●夜間(日没〜日の出)が多い。11人(全死者の57.9%)
   ●歩行中が多い。10人(全死者の52.6%)
   ●シートベルトの着用率が低い(特殊車を含む)
    自動車乗用中死者6人中、着用3人(着用率50.0%)

平成28年中の状況

 交通事故発生件数は前年比250件減の3,541件、負傷者数は前年比342人減の4,150人で、11年連続で減少しました。また、死者数は前年比2人増の48人でした。死亡事故の主な特徴は次のとおりです。

   死亡事故の主な特徴
   ●高齢被害者(65歳以上)が半数以上を占める。28人(全死者の58.3%)
   ●交差点(付近を含む)の割合が高い。23人(全死者の47.9%)
   ●車両単独事故が増加。18人(前年比8人増)
   ●中学生以上の子供、若者(16〜24歳)の死者が増加。6人(前年比5人増)
   ●シートベルトの着用率が低い(特殊車を含む)
    自動車乗用中死者22人中、着用9人(着用率40.9%)

トピックス

CONTACT

一般財団法人石川県交通安全協会
〒920-0209 金沢市東蚊爪町2丁目1番地
TEL:076-238-0496

mailでのお問い合わせ